コンタクト、ソフトとハードで悩んでいる方へ

 

コンタクトにはソフトレンズとハードレンズがあります。
それぞれ違いがあり、メリットデメリットもあるので自分にあったレンズを選ぶようにしましょう。

 

ハードコンタクトは、酸素を通さないレンズです。
最近はハードではなく、ソフトコンタクトを使う人が主流になりました。

 

ハードのメリットは、乱視矯正をしやすいという点でしょう。
乱視の酷い人は、ハードコンタクトを使う方が多いようです。

 

光りの屈折を正確に調節することが出来るので、乱視の方でも見やすいコンタクトを作ることが出来ます。

 

また、目への異常にも気づきやすく、涙液交換もスムーズです。
ソフトレンズに比べると、洗う方法も簡単です。

 

しかしハードコンタクトレンズは固く、最初は違和感を感じるかも知れません。

 

また、サイズが細かき決められていて、2週間など短期間用の商品は販売されていません。

 

 

ソフトコンタクトは、今主流となっているコンタクトレンズです。
付け心地が良く、初心者の方でも利用しやすいでしょう。

 

スポーツをする方にもおすすめの商品です。
2週間や1日など、短期間のコンタクトも多く販売されているので使いやすいでしょう。

 

しかし違和感に気づきにくく、人によっては乾燥しやすい場合もあります。