レーシック術後でもコンタクトは装着出来ますか?

 

レーシック手術をしたが視力が思ったほど回復しなかったので、コンタクトをつけることを考えている。そこでレーシック術後でもコンタクトを装着しても本当に問題がないか?知りたい、というご質問です。

 

まず最初に書いておきますが、レーシック手術の成功というのは「視力が回復・または術前より良くなっていることです」。なので誰も0.5になったりするのではありません。

 

基本的には裸眼で生活に不自由しない回復を目指すというコンセプトがあるので、具体的な視力では「1.0〜1.2」あたりを手術成功の目安にしているのです。

 

ですが各個人の角膜の状況でその視力は変わってきます。さらにレーシック手術が受けられないという方もいるのです。なのでレーシックを受けた眼科医が眼鏡をしていても、別に何もおかしいことではありません。

 

要するにレーシックが全能の視力回復術と思い込むのは、その時点で間違った認識となります。

 

レーシック手術後にコンタクト

 

ではコンタクトを使用するのは可能なのか?ですが、基本的には可能です。ただし医師がコンタクトの使用を禁止した場合は諦めなければなりません。このパターンは術前に言い渡されることがほとんどだと思います。

 

それ以外はレーシックの説明でも出てきますが、コンタクトの使用は問題なく可能という事です。

 

*大多数の方はレーシック手術後にコンタクトやメガネを使用することはありません。ほとんど1.0前後まで回復します。ですがレーシック手術が始まってまだ歴史は浅いです。加齢によって同んな影響が出るか?などはこれからの統計によって判明するところで、そういったリスクはあるとお考えください。

 

 

レーシック後に向いているコンタクトは?

 

レーシック手術というのは角膜の一部を削ることで視力回復をなす手術です。それによって少なくとも術前よりコンタクトのリスクが低くなる事はありません。リスクと言っても、異物感・ゴロゴロ感、充血といったリスクです。

 

そう考えるとこういった物を少しでも軽減できるコンタクトレンズが、レーシック後に向いているといえるでしょう。

 

そうなると連続装用タイプより使い捨てタイプ。そして使い捨てタイプの中でも、装用時間の少ないタイプが最も適していると言えます。さらにワンデータイプの中で最も装用感がいいとされる「ワンデーアキュビューモイスト」が向いているといえるでしょう。

 

レーシック後にどうしてもコンタクトをしたいという方は、術前より目に気を使うことをおすすめします。そしてワンデーアキュビューモイストの使用を特におすすめします。