ディファインの上手な選び方

 

 

初めてディファインを使うとき、どれを選んでいいのかわからないものです。

 

目が悪い人は眼科で処方箋を作ってもらって、過去にコンタクトを買ったことがあるお店でディファインにしたいと言えば、合ったものを選んでくれるはずです。

 

しかし、普通のお店では種類が少ないので希望のものがないかもしれません。*やはりコンタクトは通販が有利です。

 

 

自分の黒目に合ったディファインを選ぶということは、実は結構難しいのです。

 

何を求めているかにもよりますが、何種類か試してみることで どれくらいのサークルの大きさが自分には合っているのかがわかるはずです。

 

最近は、ワンデータイプでお試し用もあるので本格的に使う前に試してみることをお勧めします。

 

 

会社や学校にディファインを付けていきたい人は、なるべく自然な大きさのサークルを選ぶ必要があります。

 

自分の黒目よりもかなり大きなサークルを選んでしまうと、不自然な印象を与えてしまいますし、黒目とディファインのサークルの間に白目が入ってしまう人もいます。

 

 

また、目が小さい人が大きなサークルのディファインを選んでしまうと、目のほとんどが黒目のような奇妙な顔になってしまいます。

 

大切なのは、人が良いと言っているものではなく、自分の目に合ったものを見つけるということなのです。