コンタクトで運転免許の試験

 

運転免許を取得する為には、ある程度の視力が必要です。
目が悪いと十分に周りを見渡すことが出来ないので、十分な運転をすることが出来ないからです。

 

そのため、視力が悪い人は運転免許を取得する時に眼鏡もしくはコンタクトで視力矯正を行います。

 

普通免許であれば、視力矯正で「片目0.3以上、両目で0.7以上。もしくは片目0・3以下だけど他眼で0.7以上および視野左右150度以上」で免許取得が可能です。

 

コンタクトを使用して免許を取得する場合、運転免許証に「眼鏡等」の記載があります。
これは、視力矯正をしなければ運転をすることが出来ないという意味です。

 

 

眼鏡であれば、視力矯正をしていると簡単にわかるでしょう。

 

しかしコンタクトレンズはパッと見で視力矯正しているかどうかはわかりません。
運転免許を取得する時は、自己申告で視力矯正について言わなければいけません。

 

 

目が悪い人はが免許の試験を受けるときは、眼鏡でもコンタクトレンズでも良いので必ず視力矯正を行いましょう。

 

運転中は、想像以上に様々な物を見なければいけません。
視力が悪い状態で運転をすると、事故を起こすきっかけを起こしてしまうでしょう。

 

 

コンタクトでも視力矯正可能なので、視力が規定以上であることを確認したうえで試験を受けて下さい。

 

もちろんワンデーアキュビューモイストでも可能です。