ソフトとハードで悩んでいる方へ

コンタクト、ソフトとハードで悩んでいる方へ

 

コンタクトにはソフトレンズとハードレンズがあります。
それぞれ違いがあり、メリットデメリットもあるので自分にあったレンズを選ぶようにしましょう。

 

ハードコンタクトは、酸素を通さないレンズです。
最近はハードではなく、ソフトコンタクトを使う人が主流になりました。

 

ハードのメリットは、乱視矯正をしやすいという点でしょう。
乱視の酷い人は、ハードコンタクトを使う方が多いようです。

 

光りの屈折を正確に調節することが出来るので、乱視の方でも見やすいコンタクトを作ることが出来ます。

 

また、目への異常にも気づきやすく、涙液交換もスムーズです。
ソフトレンズに比べると、洗う方法も簡単です。

 

しかしハードコンタクトレンズは固く、最初は違和感を感じるかも知れません。

 

また、サイズが細かき決められていて、2週間など短期間用の商品は販売されていません。

 

 

ソフトコンタクトは、今主流となっているコンタクトレンズです。
付け心地が良く、初心者の方でも利用しやすいでしょう。

 

スポーツをする方にもおすすめの商品です。
2週間や1日など、短期間のコンタクトも多く販売されているので使いやすいでしょう。

 

しかし違和感に気づきにくく、人によっては乾燥しやすい場合もあります。

 

ソフトとハードで悩んでいる方へ関連ページ

コンタクトを初めて使う方へ
コンタクトレンズを初めて使うという方は不安が多いと思います。そこで価格的にも目にもリスクの少ない、初めてコンタクトレンズを使う時の最善策をご紹介します。
レーシック経験者でもOKですか?
レーシック手術後にワンデータイプのコンタクトを装着できるのか?というう疑問にお答えします。
ベースカーブがあっているか心配です
コンタクトレンズにはベースカーブというものがあります。まずこのベースカーブとは一体何なのか?そしてもしそれが合っていないとどうなるのか?
うるおいが欲しいなら
コンタクトレンズでは「うるおい」というのがすごく大事になります。そしてコンタクトレンズで製品の差が大きいのもこの部分です。ではどうすれば自分に合う潤いをみつけられるか?書いていきます。
ワンデーアキュビューディファインの人気色
ワンデーアキュビューディファインは世界で最も売れているカラコンですが、その中でも一番人気のある色はどれでしょう?そしてバレにくい、自然な色はどれでしょう? お答えします!
ディファインの色選び
カラコンには色々な色がありますが、ディファインにはそれほど色はありません。そもそも、黒目を大きく見せるためのコンタクトなので、ほとんどの人が自分の黒目の色に合わせた色を選びます。
ディファインは周りの人にばれる?
ディファインを使い始めてから数年ですが、一度もばれたことがありません。実はディファインを使っていると自分から告白すると、みんなとても驚きます。
ディファインの上手な選び方
初めてディファインを使うとき、どれを選んでいいのかわからないものです。
コンタクトレンズの危険性
コンタクトレンズは扱い方を間違えると、非常に危険です。ワンデーアキュビューなどワンデータイプのコンタクトは最も安全と言われますが、それでも使いかたを間違えると・・・
メイクをするときのコンタクトレンズ
アイメイクの為にコンタクトレンズを付けたい!そんな人も多いでしょう。眼鏡を付けると、せっかく頑張ったアイメイクも薄れてしまいます。
1日使い捨てと2週間使い捨て、どう違う?
ワンデーアキュビューモイストなど1日使い捨てタイプと2ウィーク使い捨てタイプ、実際に使うとどう違うか?感想を書いていきます。
コンタクトの種類と、その長所と短所
悩むならモイスト!
私は、中学生のころからコンタクトレンズのお世話になっています。当時はスポーツをしていたので、メガネでは不安だったというのが理由で使い始めました。
寝たらダメなのは分かるけど・・
ワンデーコンタクトは、一度外すと捨てなければいけません。目に違和感を感じて一瞬外す程度なら大丈夫かもしれませんが、一日中付けたコンタクトレンズは、一度外したらすぐに捨てましょう。
定期検査はどのくらいですればいい?
コンタクトレンズを使用している人は、定期的に眼科で検診を受ける必要があります。 人によって期間は違いますが、おすすめは3か月くらいの頻度で検診を受ける事です。
メガネとコンタクトの使い分け
コンタクトを使用している人のほとんどが、眼鏡を所持しているでしょう。 多くの人は、コンタクトと眼鏡を使い分けして生活をしています。
眼鏡とコンタクト、健康面の違い
視力が落ちても眼鏡もコンタクトも使わない人がいるようですが、生活に支障が出るほど落ちた視力では危険が伴うことがあるので、なるべく早く眼鏡かコンタクトを使うべきなのです。
コンタクトで運転免許の試験
運転免許を取得する為には、ある程度の視力が必要です。目が悪いと十分に周りを見渡すことが出来ないので、十分な運転をすることが出来ないからです。
初めてのコンタクトは眼科で、その後は通販がおすすめ
コンタクトレンズを初めて購入する時は、多くの方が眼科を利用するでしょう。 しかし、眼科のコンタクトレンズは値段が高いところがほとんどです。